2016年06月13日 12時00分 公開
特集/連載

徹底比較:Hadoopの主要ディストリビューションを4つの要素で見るCloudera、Hortonworks、IBM、MapRの商用製品が対象(1/2 ページ)

Hadoopの主要ディストリビューションを「デプロイモデル」「エンタープライズクラスの機能」「セキュリティとデータ保護機能」「サポートサービス」という4つの角度から比較する。

[David Loshin,TechTarget]
日本Hadoopユーザ会のWebサイト

 Hadoopエコシステムを構成するのは、オープンソースソフトウェア(OSS)コンポーネントだ。だが、ベンダーからサブスクリプションを購入して、商用Hadoopプラットフォームを使用するメリットも極めて大きい。例えば、技術サポートやトレーニングを受けられる。OSSコミュニティーからは入手できない企業向けの機能にもアクセスすることができる。Hadoopの商用ディストリビューションのエンタープライズエディションが提供するコアコンポーネントは、いずれもHadoopエコシステムスタックと変わらない。従って、主な差別化要因はOSS以外の機能になる。

 このところ市場の変化によって、Hadoopベンダーの数は減っている。例えば、2016年5月、Pivotal SoftwareはHadoopの自社ディストリビューション販売から撤退し、Hortonworksのディストリビューションの再販を開始すると発表した。それでもHadoopディストリビューションを選ぶとなれば、独立系のHadoop専門ベンダー、クラウドプロバイダー、大手ITベンダーなど、さまざまなグループを検討しなければならない。

 本稿では、どのHadoopベンダーが自社に適しているかを判断できるよう、主な特徴に基づいてHadoopの主要ディストリビューションを分類した。具体的に分類の基準にしたのは「デプロイモデル」「エンタープライズクラスの機能」「セキュリティとデータ保護機能」「サポートサービス」の4つだ。

 Hadoopビッグデータ管理エコシステムは、スケーラブルなデータストレージとハイパフォーマンスの分散コンピューティングをサポートするよう実装されているが、実際のパフォーマンスは、ソフトウェアの実装など幾つかの要因に左右される。だが、パフォーマンスの問題は、導入予定のアプリケーション自体に起因することが多い。そのため、Hadoopディストリビューションがどのようにユーザー企業のビジネスニーズに対応するかについても確認する。

1.Hadoopデプロイモデル

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...