2014年11月05日 15時00分 公開
特集/連載

「Hadoop」はビッグデータ処理の中心に居続けることができるのか?微妙になる「MapReduce」との関係

英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」に関するうわさは夏の間その影を潜めていた。その一因は旧友である米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

[Jack Vaughan,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | Google | Amazon EC2 | ビッグデータ


 英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」は高い評価を得ている。だが、2014年の夏の間、そのうわさは影を潜めていた。新しいテクノロジーにはある程度の失望が付き物だ。だが、Hadoopに対する失望は厄介なタイミングで訪れた。その一因は長きにわたって苦楽を共にしてきた米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

 ベンダーとユーザーはどちらもHadoopに多額の投資を行ってきた。ただし、金融アプリケーションとWebマーケティングアプリケーションの範囲を超えると、Hadoopの存在感は薄くなるように思える。また、概念実証の段階で行き詰まるように見えることも少なくない。企業の運用環境に導入されているHadoopは舞台のそでで出番を待っているような状態になっているようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...