2014年11月05日 15時00分 公開
特集/連載

「Hadoop」はビッグデータ処理の中心に居続けることができるのか?微妙になる「MapReduce」との関係

英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」に関するうわさは夏の間その影を潜めていた。その一因は旧友である米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

[Jack Vaughan,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | Google | Amazon EC2 | ビッグデータ


 英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」は高い評価を得ている。だが、2014年の夏の間、そのうわさは影を潜めていた。新しいテクノロジーにはある程度の失望が付き物だ。だが、Hadoopに対する失望は厄介なタイミングで訪れた。その一因は長きにわたって苦楽を共にしてきた米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

 ベンダーとユーザーはどちらもHadoopに多額の投資を行ってきた。ただし、金融アプリケーションとWebマーケティングアプリケーションの範囲を超えると、Hadoopの存在感は薄くなるように思える。また、概念実証の段階で行き詰まるように見えることも少なくない。企業の運用環境に導入されているHadoopは舞台のそでで出番を待っているような状態になっているようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...