2012年05月28日 09時00分 公開
特集/連載

パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】

パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。

[Roger Jennings,TechTarget]

 2012年はクラウドの「ビッグデータ」元年といわれており、米Amazon.com、米Google、米Heroku(米Salesforce.com)、米IBM、米Microsoftなどの大手PaaS(Platform as a Service)プレーヤーに注目が集まっている。では、パブリッククラウドでApache Hadoopのインプリメンテーションを最も包括的な形で提供しているのはどのベンダーだろうか。

 Apache HadoopはHDFS、MapReduce、Hive、Pigなどのサブコンポーネントとともにビッグデータ分析の主流技術になりつつある。その背景には、エンタープライズデータウェアハウジングにPaaS型クラウドモデルを採用する企業が増えていることがある。Apache Software Foundationは、Hadoopが成熟し、業務用分析クラウド環境として活用できるようになったことを示すために「Hadoop v1.0」にアップグレードした。

 拡張性の高い従量課金型のHadoopクラスタをPaaS業者のデータセンターの中に作成し、ホスティング型MapReduceを利用してバッチ処理が行えるので、企業のIT部門はたまにしか利用しないオンプレミス(社内運用)サーバへの設備投資を抑制することができる。その結果、HadoopはAmazon.com、Google、IBM、Microsoftなどの大手PaaS業者が相次いで採用し、各社はHadoop、MapReduceあるいはその両方を構成済みのサービスとして製品化した。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。

news171.jpg

資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会...

news165.jpg

「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)から...