2012年05月28日 09時00分 公開
特集/連載

パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】

パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。

[Roger Jennings,TechTarget]

 2012年はクラウドの「ビッグデータ」元年といわれており、米Amazon.com、米Google、米Heroku(米Salesforce.com)、米IBM、米Microsoftなどの大手PaaS(Platform as a Service)プレーヤーに注目が集まっている。では、パブリッククラウドでApache Hadoopのインプリメンテーションを最も包括的な形で提供しているのはどのベンダーだろうか。

 Apache HadoopはHDFS、MapReduce、Hive、Pigなどのサブコンポーネントとともにビッグデータ分析の主流技術になりつつある。その背景には、エンタープライズデータウェアハウジングにPaaS型クラウドモデルを採用する企業が増えていることがある。Apache Software Foundationは、Hadoopが成熟し、業務用分析クラウド環境として活用できるようになったことを示すために「Hadoop v1.0」にアップグレードした。

 拡張性の高い従量課金型のHadoopクラスタをPaaS業者のデータセンターの中に作成し、ホスティング型MapReduceを利用してバッチ処理が行えるので、企業のIT部門はたまにしか利用しないオンプレミス(社内運用)サーバへの設備投資を抑制することができる。その結果、HadoopはAmazon.com、Google、IBM、Microsoftなどの大手PaaS業者が相次いで採用し、各社はHadoop、MapReduceあるいはその両方を構成済みのサービスとして製品化した。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...