Hadoopがビッグデータの分析基盤として注目されるわけ従来の分析アプローチの見直しを迫るビッグデータ

ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由とともに、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのかを解説する。

2011年11月18日 09時00分 公開
[Beth Stackpole,TechTarget]

 テラバイト、さらにはペタバイトが企業データストアの容量の単位として急速に定着していく中で、多くの企業が“ビッグデータ”の膨大な量と多様さにいかに対処するかに知恵を絞っている。しかし、企業が大量の構造化データと非構造化データの保存という難題に取り組みながらも、その一方でおろそかにしがちなのが、アナリティクス(分析)だ。すなわち、生データを有用なリアルタイムビジネスインテリジェンス(BI)に変換し、的確な意思決定につなげることが、しばしばなおざりにされている。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...