2011年11月18日 09時00分 公開
特集/連載

Hadoopがビッグデータの分析基盤として注目されるわけ従来の分析アプローチの見直しを迫るビッグデータ

ビッグデータをビジネスに生かすための分析基盤として注目されているHadoop。従来のRDBMSでは対応が難しい理由とともに、Hadoopがなぜビッグデータ対応に適しているのかを解説する。

[Beth Stackpole,TechTarget]

 テラバイト、さらにはペタバイトが企業データストアの容量の単位として急速に定着していく中で、多くの企業が“ビッグデータ”の膨大な量と多様さにいかに対処するかに知恵を絞っている。しかし、企業が大量の構造化データと非構造化データの保存という難題に取り組みながらも、その一方でおろそかにしがちなのが、アナリティクス(分析)だ。すなわち、生データを有用なリアルタイムビジネスインテリジェンス(BI)に変換し、的確な意思決定につなげることが、しばしばなおざりにされている。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。