2014年05月12日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドによるビッグデータ活用でワリを食う管理者のため息DB管理も兼務する羽目に

クラウドのおかげで、ビッグデータの管理や大規模化するデータウェアハウスの運用を行う選択肢が増えている。これらの選択肢は、クラウド管理者の役割に直接影響を与えている。

[Dan Sullivan,TechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)を主にコンピュートおよびストレージインフラとして使おうとする企業では、データベース管理者は、データウェアハウスコンポーネントのインストール、構成、監視の管理を続けることになる。一方、オーバーヘッドを最小限に抑えようとする企業や、既存のクラウド管理者を有効に活用しようとする企業にとっては、米Amazon Web Servicesの「Amazon Redshift」のようなホステッド型データウェアハウスサービスが適切な選択肢かもしれない。しかし、こうしたホステッド型データウェアハウスを利用する場合、クラウド管理者の役割と責任に一般的なデータベース管理者の仕事が加わってくる。

 クラウド管理者が担うさまざまな責任を理解するため、クラウドで使用する大規模データウェアハウスの3つの選択肢を考えてみよう。すなわち、(1)Redshiftで提供されるホステッドデータウェアハウスサービス、(2)「Amazon Elastic MapReduce」(EMR)とともに使う「Hive」、(3)AmazonのIaaSで自前で管理するクラスタ上で使う「Apache Spark」――だ。データストアと運用モデルの組み合わせはこれら以外にも可能だが、この3つの選択肢には、代表的な幾つかの重要な考慮点が含まれている。

Amazon Redshift:ホステッドデータウェアハウスサービス

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...