2014年05月12日 08時00分 公開
特集/連載

クラウドによるビッグデータ活用でワリを食う管理者のため息DB管理も兼務する羽目に

クラウドのおかげで、ビッグデータの管理や大規模化するデータウェアハウスの運用を行う選択肢が増えている。これらの選択肢は、クラウド管理者の役割に直接影響を与えている。

[Dan Sullivan,TechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)を主にコンピュートおよびストレージインフラとして使おうとする企業では、データベース管理者は、データウェアハウスコンポーネントのインストール、構成、監視の管理を続けることになる。一方、オーバーヘッドを最小限に抑えようとする企業や、既存のクラウド管理者を有効に活用しようとする企業にとっては、米Amazon Web Servicesの「Amazon Redshift」のようなホステッド型データウェアハウスサービスが適切な選択肢かもしれない。しかし、こうしたホステッド型データウェアハウスを利用する場合、クラウド管理者の役割と責任に一般的なデータベース管理者の仕事が加わってくる。

 クラウド管理者が担うさまざまな責任を理解するため、クラウドで使用する大規模データウェアハウスの3つの選択肢を考えてみよう。すなわち、(1)Redshiftで提供されるホステッドデータウェアハウスサービス、(2)「Amazon Elastic MapReduce」(EMR)とともに使う「Hive」、(3)AmazonのIaaSで自前で管理するクラスタ上で使う「Apache Spark」――だ。データストアと運用モデルの組み合わせはこれら以外にも可能だが、この3つの選択肢には、代表的な幾つかの重要な考慮点が含まれている。

Amazon Redshift:ホステッドデータウェアハウスサービス

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。