2012年08月06日 08時00分 公開
特集/連載

【事例】「意思決定に貢献する」データ活用法とビッグデータ活用に必要なスキルビッグデータ活用のためのBIシナリオ【後編】

ビッグデータブームに惑わされることなく、自社のデータ分析を成功に導くためにはどうすればいいか。求められるデータ活用手法の視点とスキルをガートナーの講演を基に紹介する。

[納富友三,TechTargetジャパン]

 前編「【市場動向】企業システムの変遷に見るビッグデータ潮流の背景」では、現在のビッグデータブームの背景を、「ガートナー ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット 2012」(2012年7月)でガートナー リサーチ バイスプレジデント 堀内秀明氏が語った内容を基にまとめた。企業内システム構築の変遷から浮かび上がったRDBMSのパフォーマンス問題と、Googleの躍進による速くて安いテクノロジーへの注目。この2つの要素が現在のビッグデータブームに火を付けたと堀内氏は考察している。

 しかし、ビッグデータと一口に言っても、そのデータの種類はさまざまだ。企業は一体どのような種類のデータを、どのような指針に基づいて活用すればいいのだろうか。そして社内のデータを活用・分析する部門にはどのようなスキルが求められるのだろうか。「砂金探し」ともいわれるビッグデータ活用(関連記事:高まるDWHへの投資意欲、「砂金探し」のビッグデータ活用を成功させるには)を成功に導くための手掛かりとして、後編ではそれらをまとめる。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。