2020年04月10日 08時00分 公開
特集/連載

価格分の価値があるLogitechのキーボード「MX Keys」結論:素晴らしい

英Computer WeeklyのInspect-a-Gadgetチームが、Logitech(ロジクール)のキーボードを試用した。絶賛にあふれたレビューを紹介する。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
Logitech

 Logitech(日本法人はロジクール)のキーボード「MX Keys」は素晴らしいキーボードだ。英Computer WeeklyのInspect-a-Gadgetチームが今まで使ってきた中で恐らく最も優れたキーボードだ。

 それもそのはず、安くはない。

 価格は約100ポンド(約1万3500円)(訳注)。羽根のように軽い超ソフトタッチの操作感に仕上げられている。

訳注:ロジクールオンラインストアの価格は1万5950円(税込)。

 いわゆるチクレットキーボードが発する「チッチッチッ」というありふれた静かな音に慣れ切った時代、キーボードの「心地よいカチカチ音」の必要性を語るユーザーがいる。こうしたユーザーは、最新キーボードの多くでは十分なフィードバックが得られないと感じている。

 よく言われることだが、カチカチ音を耳にしながら作業を始めると、その音がしない状態には戻れない。さて、Logitechキーボードはこうしたヘビーユーザーの意見を覆し、軽やかなタッチの方が良いと言わせる必要がある。このキーボードが発するのは指先が実に心地よいと感じる「チッチッチッ音」だ。意図的に強くたたかない限り「カチカチ音」はしない。

 言ってしまえば、より速く、より滑らかにタイプでき、入力ミスが少なくなる。

 非常に賢いスマートイルミネーション機能も素晴らしい。バックライトは手が近づくのを検出して点灯し、部屋の照明に合わせて自動的に輝度が調整される。

消費電力

 消費電力はどうだろう。クリスマスにUSB 3.0ケーブルをつないでキーボードに充電した。今は取り外している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

オンラインシフトに伴う名刺交換減少が引き起こす経済損失額は平均で年間約21.5億円――Sansan調査
コロナ禍における企業の商談・人脈・顧客データに関する調査です。

news164.jpg

成果報酬型テレビCM出稿サービス「XICA ADVA」 サイカが提供開始
従来のテレビCMは、出稿量の約束はできてもテレビCMによってどれだけ商品やサービスが売...

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...