2020年04月15日 08時00分 公開
特集/連載

全ての防御機能を無効化できる、カーネルモードで動作するランサムウェア民衆の敵になったRobbinHood

正当なベリサイン署名されたドライバを媒介してWindowsに入り込むランサムウェア「RobbinHood」。カーネルモードで動くためセキュリティ製品も無効化できる。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]
iStock.com/vchal

 Sophosが、新種のランサムウェア攻撃に関する調査結果を公開した。この攻撃は正当なデジタル署名が施されたハードウェアドライバをサイバー犯罪者が展開し、ユーザーデータを暗号化する前に標的のシステムからセキュリティ製品を削除する。

 ランサムウェア「RobbinHood」(訳注)は、古い脆弱(ぜいじゃく)性であるCVE-2018-19320を悪用する。台湾企業GIGA-BYTE Technology(GIGABYTE)が製造し、現在は非推奨になっているドライバにこの脆弱性が存在する。このドライバは、失効していない有効なVerisign Authenticode署名を含んでいる。製造は中止されているが、依然数多く使用されている。

訳注:イングランドの伝説上の人物であるロビン・フッドは「Robin Hood」。

 この信頼済みかつ署名済みのGIGABYTEドライバが媒介として使われ、Windowsカーネルにパッチを適用し、悪意のある未署名のドライバを読み込み、カーネルモードから防護用のセキュリティアプリケーションを削除する。

 Sophosの研究者によると、このような攻撃が見られたのは初めてだという。ランサムウェアがセキュリティ製品の回避を試みる手口は新しくないが、ユーザーモードではなくカーネルモードからプロセスを強制終了するのは明らかに有利だ。

 重要なのは、悪意のあるドライバには強制終了するコードしか含まれていないことだ。つまり、




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

婚活・恋活マッチングアプリ 3億7000万人の巨大市場の行方
世界のマッチングアプリ(デートアプリ)市場のすう勢と、ウィズコロナの展望。

news053.jpg

データのサイロ化を乗り越えLTVを最大化する変数を発見 ネット宅配クリーニング「Lenet」がやったこと
事業の多角化などに伴うデータのサイロ化を防ぐためには統合的なデータ基盤が不可欠だ。...

news120.jpg

2021年のゴールデンウイークの予定 「自宅で過ごす」が依然として主流だが外出予定は増加――インテージ調査
外出意向は高まりつつも、新型コロナへの不安が消えたわけではないようです。