2019年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

5Gスマホが解決すべき技術的課題初期の5Gスマホは大きくて分厚く、そして高い?

5Gスマホの開発・製造には解決すべき技術的な課題があるという。その制約により初期の5スマホは大型で分厚く、高価なものになりそうだ。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]

 最初のフラグシップ5Gスマートフォンの原材料費は、同等の4Gスマートフォンよりも20〜30%高くなる可能性がある。これは、台湾を拠点とするTrendForceのアナリストの見解だ。つまりサプライヤーやモバイルネットワーク事業者が、早期導入者に相当な価格プレミアムを求めることを示している。

Computer Weekly日本語版 2月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 英国最大手の携帯電話会社EEの予測もTrendForceの見解と一致している。同社のCEOは2018年11月のニュースで、5Gは消費者にとって高価になり、英国での大規模導入は2021〜2022年ごろにずれ込むだろうと語った。その頃になれば幅広い製品ポートフォリオを持つメーカーが増え、価格が下がるという。こうした発言にもかかわらず、EEは英国での商用5Gの発表を2019年に計画している。

 TrendForceの最新市場予測によると、2019年に製造される5Gスマートフォンは

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...