2019年02月21日 08時00分 公開
特集/連載

5Gスマホが解決すべき技術的課題初期の5Gスマホは大きくて分厚く、そして高い?

5Gスマホの開発・製造には解決すべき技術的な課題があるという。その制約により初期の5スマホは大型で分厚く、高価なものになりそうだ。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]

 最初のフラグシップ5Gスマートフォンの原材料費は、同等の4Gスマートフォンよりも20〜30%高くなる可能性がある。これは、台湾を拠点とするTrendForceのアナリストの見解だ。つまりサプライヤーやモバイルネットワーク事業者が、早期導入者に相当な価格プレミアムを求めることを示している。

 英国最大手の携帯電話会社EEの予測もTrendForceの見解と一致している。同社のCEOは2018年11月のニュースで、5Gは消費者にとって高価になり、英国での大規模導入は2021〜2022年ごろにずれ込むだろうと語った。その頃になれば幅広い製品ポートフォリオを持つメーカーが増え、価格が下がるという。こうした発言にもかかわらず、EEは英国での商用5Gの発表を2019年に計画している。

 TrendForceの最新市場予測によると、2019年に製造される5Gスマートフォンは




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...