2019年02月22日 08時00分 公開
特集/連載

Spectre&Meltdown騒動から1年、今Intelは何をしているのかチップレベルのセキュリティ対策

プロセッサの脆弱性が判明してから1年が経過した。Intelは今、どのような取り組みをしているのだろうか。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 プロセッサの欠陥(「Spectre」&「Meltdown」)が見つかってから1年、Intelはセキュリティに関する作業はまだ始まったばかりだと認めている。

Computer Weekly日本語版 2月20日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 2月20日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 Intelでエグゼクティブバイスプレジデント兼製品保証担当ゼネラルマネジャーを務めるレスリー・カルバートソン氏は、次のようにWebに投稿した。

 「当社が行ってきた進歩には満足している。だが当社の作業はまだ始まったばかりだ。2019年に目を向けると、確かなことが2つある。まず、セキュリティは引き続き警戒が必要な分野になるだろう。同様に重要なのが、当社が引き続き製品ポートフォリオ全体でセキュリティのイノベーションを敢行し、顧客を適切に保護し、全製品のセキュリティをさらに強化できるよう業界を後押しすることだ」

 チップの欠陥が明らかになってから、

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...