2019年02月27日 08時00分 公開
特集/連載

2FAバイパスツールがもたらした二要素認証安全神話の終焉SMSベースの認証は脆弱

セキュリティ研究者が、SMSベースの二要素認証をバイパスするツールを公開。このツールによって二要素認証が必ずしも安全ではないことが明らかとなった。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 あるセキュリティ研究者が「Gmail」などのサービスで使用される二要素(2FA:Two Factor Authentication)認証を回避する概念実証ツールを公開し、企業セキュリティにおいて最も攻撃を受けやすい脆弱(ぜいじゃく)性を明らかにした。

 ソーシャルエンジニアリングは深刻な脅威であり、軽視できないと語るのはポーランドのセキュリティ研究者ピオトル・ドゥズインスキー氏だ。

 同氏は自身のブログに次のように記している。「ペネトレーションテストの長年の経験から、顧客の内部ネットワークに正当な足掛かりを得る最も簡単かつ効果的な方法がソーシャルエンジニアリングであると分かっている」

 境界を保護しているセキュリティ防御をかいくぐるのにゼロデイ脆弱性は必要ない。セキュリティを侵害して機密データにアクセスするのに必要なのは「2〜3通の電子メールを送るか電話をかけるだけ」だと攻撃者は知っていると同氏は言う。

 この事実を示すため、同氏は正当なユーザーの資格情報を可能な限り効率良く盗み出すフィッシングキャンペーンを作成する目的で、Go言語を使って「Modlishka」というツールを開発した。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...