2017年08月08日 08時00分 公開
特集/連載

十分に進化した生体認証は“手に埋め込んだチップ”すら不要生体認証はどこまで進むのか

英国人の4分の1は、20年後には手に埋め込んだチップで決済するようになると考えている。さまざまな技術や方法が提案される中、将来主流となる決済方法は何だろうか。

[Karl Flinders,Computer Weekly]

 2037年までに、英国の消費者のおよそ4分の1が、自身の手に埋め込んだチップを使って商品の支払いを行うようになるだろう。

 Nationwide Paymentsの調査によると、回答者の23%が、このチップが生体認証による決済の主流になると答えている。これに対し、58%は指紋認証が主流になると考えている。

 とはいえ、2000人を対象とした同社の調査では、新旧さまざまな決済方法が混在すると予測されていた。半数以上の回答者は、2037年になってもデビットカード(56%)とクレジットカード(53%)が用いられると答えている。また現金が使用されるとする回答者が43%、スマートフォンやスマートウォッチを挙げた回答者も55%あった。

 Nationwide Paymentsで決済部門のディレクターを務めるポール・ホーロック氏によると、住宅組合は生体認証による決済システムを開発しているという。「生体認証などの新しいイノベーションも、将来を見据える過程に含まれている」

 生体認証技術が進化して広く受け入れられるようになれば、物理チップさえ所持する必要がなくなる可能性がある。

 テキストメッセージングの発明者で未来学者のイアン・ピアソン氏は、非接触型テクノロジーは通過点にすぎないという。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...