2019年02月28日 08時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスとコンテナによるビジネスの変革Computer Weekly導入ガイド

コンピューティングはこの数年で進化し、アジャイルな仕組みに重点が置かれるようになった。DevOpsとマイクロサービスが、いかにITアーキテクチャを進化させているかを紹介する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 コンピューティングの歴史は、エンタープライズITアーキテクチャにおける一連の劇的な変化によって区切られている。

 高度に統合されたモノリシック型アプリケーションは、統合型のソフトウェアスタックとn層アーキテクチャへと移行した。分散型コンピューティングは何度も変化している。アプリケーション間通信を標準化する試みは、UNIXのリモートプロシージャコール、分散型オブジェクトモデル、コモンオブジェクトリクエストブローカアーキテクチャ、Webサービスなど、複数の取り組みが進められてきた。その全てがコード再利用の促進を試み、APIの公開と共有を行って「車輪の再発明」を避けようとしている。

 2000年半ば以降は、サーバやJavaアプリケーションサーバでJavaScriptが成長したおかげで、サービス指向アーキテクチャ(SOA)が新たなエンタープライズインテグレーションの筆頭に浮上した。この分散型コンピューティングの青写真は、クラウドネイティブコンピューティングの時代が到来する前に設計された。クラウドを取り入れた企業は、コンテナおよび緩い組み合わせのマイクロサービスを中心とする概念に基づき、全く異なるアプローチを採っている。

 現在は「Docker」と「Kubernetes」の成功のおかげで、コンテナ導入に目を向ける企業が増えている。このアプローチに人気があるのは、これが企業にとってデジタルトランスフォーメーション戦略の即戦力となり得るクラウドネイティブアプリケーション開発の助けになるためだ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。