2019年02月28日 08時00分 公開
特集/連載

マイクロサービスとコンテナによるビジネスの変革Computer Weekly導入ガイド

コンピューティングはこの数年で進化し、アジャイルな仕組みに重点が置かれるようになった。DevOpsとマイクロサービスが、いかにITアーキテクチャを進化させているかを紹介する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 コンピューティングの歴史は、エンタープライズITアーキテクチャにおける一連の劇的な変化によって区切られている。

 高度に統合されたモノリシック型アプリケーションは、統合型のソフトウェアスタックとn層アーキテクチャへと移行した。分散型コンピューティングは何度も変化している。アプリケーション間通信を標準化する試みは、UNIXのリモートプロシージャコール、分散型オブジェクトモデル、コモンオブジェクトリクエストブローカアーキテクチャ、Webサービスなど、複数の取り組みが進められてきた。その全てがコード再利用の促進を試み、APIの公開と共有を行って「車輪の再発明」を避けようとしている。

 2000年半ば以降は、サーバやJavaアプリケーションサーバでJavaScriptが成長したおかげで、サービス指向アーキテクチャ(SOA)が新たなエンタープライズインテグレーションの筆頭に浮上した。この分散型コンピューティングの青写真は、クラウドネイティブコンピューティングの時代が到来する前に設計された。クラウドを取り入れた企業は、コンテナおよび緩い組み合わせのマイクロサービスを中心とする概念に基づき、全く異なるアプローチを採っている。

 現在は「Docker」と「Kubernetes」の成功のおかげで、コンテナ導入に目を向ける企業が増えている。このアプローチに人気があるのは、これが企業にとってデジタルトランスフォーメーション戦略の即戦力となり得るクラウドネイティブアプリケーション開発の助けになるためだ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...