2019年02月28日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly導入ガイドマイクロサービスとコンテナによるビジネスの変革

コンピューティングはこの数年で進化し、アジャイルな仕組みに重点が置かれるようになった。DevOpsとマイクロサービスが、いかにITアーキテクチャを進化させているかを紹介する。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 コンピューティングの歴史は、エンタープライズITアーキテクチャにおける一連の劇的な変化によって区切られている。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 高度に統合されたモノリシック型アプリケーションは、統合型のソフトウェアスタックとn層アーキテクチャへと移行した。分散型コンピューティングは何度も変化している。アプリケーション間通信を標準化する試みは、UNIXのリモートプロシージャコール、分散型オブジェクトモデル、コモンオブジェクトリクエストブローカアーキテクチャ、Webサービスなど、複数の取り組みが進められてきた。その全てがコード再利用の促進を試み、APIの公開と共有を行って「車輪の再発明」を避けようとしている。

 2000年半ば以降は、サーバやJavaアプリケーションサーバでJavaScriptが成長したおかげで、サービス指向アーキテクチャ(SOA)が新たなエンタープライズインテグレーションの筆頭に浮上した。この分散型コンピューティングの青写真は、クラウドネイティブコンピューティングの時代が到来する前に設計された。クラウドを取り入れた企業は、コンテナおよび緩い組み合わせのマイクロサービスを中心とする概念に基づき、全く異なるアプローチを採っている。

 現在は「Docker」と「Kubernetes」の成功のおかげで、コンテナ導入に目を向ける企業が増えている。このアプローチに人気があるのは、これが企業にとってデジタルトランスフォーメーション戦略の即戦力となり得るクラウドネイティブアプリケーション開発の助けになるためだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...