2019年12月19日 08時00分 公開
特集/連載

「Kubernetes as a Service」とは何かクラウドサービス非依存

多くの人がKubernetesのメリットを認識しているが、これを実装するにはスキルとノウハウが必要で、何から手を付ければいいか分からない、という人もいるだろう。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
iStock.com/alzay

 Wikipedia、ハッカーフォーラムの議論、開発チーム自身によれば、「Kubernetes」と名付けたのはギリシャ語の「κυβερνήτης」が「統治者」「操舵(そうだ)手」「船長」と訳され、さらに、ラテン語の「gubernare」(訳注)が「統治」と訳されるためだという。

訳注:gubernare(グーベルナーレ)は英語の「government」「governance」の語源。

 この命名は全く理にかなっている。というのも、Kubernetesはプライベート、パブリック、ハイブリッドクラウドのLinuxコンテナ管理に用いるオーケストレーション技術だからだ。

 Kubernetesを支える人々の言葉を借りると、Kubernetesはコンテナ化されたワークロードやサービスを管理するためのオープンソースのプラットフォームで、移植と拡張が可能であり、宣言型の構成と自動化の両方を促進するという。

 それがKubernetesだとしたら、「Kubernetes as a Service」(KaaS)とは何だろうか。

 KaaSは、コンテナ化されたワークロードのオーケストレーションと管理のノウハウを手に入れる手段だ。ただし、それが小さな(コンテナ化された)単位で手に入る。これにより、オンプレミスとクラウドベースのコンテナクラスタを管理・破棄する機能がプロジェクト単位にオンデマンドで提供される。

 KaaSを提供するのは誰か。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。