2019年03月05日 08時00分 公開
特集/連載

カスタムWebフォントで偽装されたフィッシングページが出現無害に見えるページの正体

カスタムWebフォントを利用することにより、表示と内容(文字コード)が一致しないフィッシングページが発見された。悪意のあるコードを無害のように偽装する手口とは。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

 資格情報の収集を目的としたフィッシング詐欺が発覚した。米国大手銀行のオンラインバンキングを標的としたもので、カスタムフォントを利用して検出を免れていた。これを発見したのが、Proofpointのサイバーセキュリティ研究者だ。この研究者は、悪意のあるコードをこの手口で隠蔽(いんぺい)しているのが見つかったのは初めてだと考えている。

 巧妙に作られたフィッシングWebページは、カスタムWebフォント(woffファイル)を使用して、換字式暗号を実装していた。この暗号は、フィッシングページのソースコードを安全なものに見せかける。

 ブラウザでフィッシングページがレンダリングされると、普通のオンラインバンキング資格情報ページが表示される。そのページは偽装されており、エンコードされた表示テキストを含んでいる。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...