2019年03月07日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly導入ガイドMicrosoft Azureはクラウドネイティブに対応できるのか

Linuxを中心に構築されてきたクラウドネイティブにAzureは対応できるのか。クラウドネイティブアプリケーションのデプロイに適しているのか。

[Tim Anderson,Computer Weekly]

 クラウドへの移行は一つの流れだが、それだけでなく完全なビジネスアジリティーのためにはクラウドネイティブアプリケーションが最善の結果をもたらすという主張がある。しかしクラウドネイティブはLinuxアプリケーションおよびコンテナ技術と関係している。「Microsoft Azure」は、クラウドネイティブのデプロイにどの程度適しているのか。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 「クラウドネイティブ」アプリケーションという用語は不明瞭だ。この用語が使われているのは、リフト&シフト方式で既存のアプリケーションをクラウドに移行させることと、クラウド環境で最適な事業価値を引き出すためにアプリケーションのアーキテクチャを変えることを区別する必要があるためだ。

 サプライヤーに対して中立の立場を取るCloud Native Computing Foundation(CNCF)は、その定義の一環としてこう記している。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...