2019年03月07日 08時00分 公開
特集/連載

Microsoft Azureはクラウドネイティブに対応できるのかComputer Weekly導入ガイド

Linuxを中心に構築されてきたクラウドネイティブにAzureは対応できるのか。クラウドネイティブアプリケーションのデプロイに適しているのか。

[Tim Anderson,Computer Weekly]

 クラウドへの移行は一つの流れだが、それだけでなく完全なビジネスアジリティーのためにはクラウドネイティブアプリケーションが最善の結果をもたらすという主張がある。しかしクラウドネイティブはLinuxアプリケーションおよびコンテナ技術と関係している。「Microsoft Azure」は、クラウドネイティブのデプロイにどの程度適しているのか。

Computer Weekly製品導入ガイド無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly製品導入ガイド」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。


 「クラウドネイティブ」アプリケーションという用語は不明瞭だ。この用語が使われているのは、リフト&シフト方式で既存のアプリケーションをクラウドに移行させることと、クラウド環境で最適な事業価値を引き出すためにアプリケーションのアーキテクチャを変えることを区別する必要があるためだ。

 サプライヤーに対して中立の立場を取るCloud Native Computing Foundation(CNCF)は、その定義の一環としてこう記している。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...