2019年03月06日 08時00分 公開
特集/連載

事業部門を悩ませるRPAの導入障壁見過ごされがちな「RPA導入の鍵」(前編)

事業部門がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)による業務の自動化を企図したとき、ある壁が立ちはだかる。RPA推進の障壁とは何か。それを取り除くにはどうしたらいいのか。

[Lindsay Clark,Computer Weekly]

 BASF(総合化学メーカー)でグローバル金融シェアードサービス部門のシニアバイスプレジデントを務めるダニエル・ドーンブッシュ氏は、登壇したカンファレンスで聴衆の爆笑を誘った。同氏のチームが取り組んでいるRPA(ロボティックプロセスオートメーション)による効率化とIT部門の関係についての質問に答えたときだった。

 同氏は控えめに答えた。「IT部門も同僚だ。サーバは必要だ。そしてIT部門を介さないとサーバは使えない」

 RPAメーカーのUiPathが英ロンドンで開催したカンファレンス(2018年10月)で、ドーンブッシュ氏はIT部門に感じるいら立ちについて触れた。同氏によれば、社内サーバに「UiPath」をインストールすることを要請すると、IT部門は「このRPAインフラは別のアクティビティーをホストするために使いたい」と答えたという。同氏のRPAチームはビジネスプロセスの専門家との距離を保つため、独自に技術を管理することにした。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...