2012年08月27日 08時00分 公開
特集/連載

Hyper-V 3.0の新ファイル形式「VHDX」の基礎知識VHDからVHDXへ

Hyper-Vの旧来のファイル形式であるVHDよりも大容量で、大きいブロックサイズをサポートし、信頼性も高いVHDX。本稿ではVHDXのメリットと変換プロセスを紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]

 Windows Server 2012Hyper-Vは、新しいVHDX仮想ディスクフォーマットを採用する。VHDXはさまざまな手法によって、Hyper-Vの現行Virtual Hard Disk(VHD)より、性能、容量、信頼性を向上させている(VHDXに関する記事:ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能)。

 米Microsoftはまた、Windows Server 2012 Hyper-Vへアップグレードした後に、VHDファイルをVHDX形式に簡単に変換できる方法を販売代理店向けに用意する。

VHDXの容量と互換性

 VHDXでは、より大容量の仮想ディスクを作成可能だ。Hyper-Vは現在、VHDの上限が2Tバイトとなっているが、VHDXファイルは最大64Tバイトの容量を持つ。

 Windows Server 2012は現在β版テスト段階であり、最終リリース前に仕様が変更される可能性がある。このまま変更がなければ、Windows Server 2012は旧来のVHDとVHDXに対応し、Windows Server 2008はVHDファイルのサポートのみとなる。

図1 

固定、可変、そして差分ディスク

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...