2012年04月12日 09時00分 公開
特集/連載

Windows Server 8 βのHyper-V 3.0とMetro UIWindows Server 8 βの新機能

2月29日にリリースされたWindows Server 8 β。以前の記事で紹介した新機能に加え、Microsoftが競争力の強化ポイントとして考えているHyper-V 3.0やMetoro UI、Server Coreについて解説する。

[Ed Scannell,TechTarget]

 米Microsoftは2012年2月29日、長らく待たれていた「Windows Server 8」のβ版をリリースした(関連記事:さらに進化した「Windows Server 8 β」注目の新機能)。また、同日にWindows 8 Consumer Previewの提供も開始し、例年にはない“うるう日”を無駄なく活用した。

 Windows Server 8のβ版には、2011年9月にリリースされたDeveloper Preview版から、さらに数十の新機能や機能強化が組み込まれている。主なものとしては、ルーチンの管理タスクを支援する新しいMetroスタイルのユーザーインタフェース(UI)、新しいインストールオプション、ReFS(Resilient File System)の機能強化、Hyper-V仮想マシンがサポートするメモリおよび仮想HDDの容量拡大が挙げられる。

 特に仮想マシンのメモリおよび仮想HDDのサイズ増は、Windows Server 8の競争力強化に役立つと同社は考えているようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...