さらに進化した「Windows Server 8 β」注目の新機能タグベースのアクセス制御は福音か

「Windows 8 Consumer Preview」と同時に発表された「Windows Server 8 β」は、大幅な機能強化が図られている。データをタグで分類する「ダイナミックアクセス制御」は要注目だ。

2012年03月21日 09時00分 公開
[Jonathan Hassell,TechTarget]

 米Microsoftは2月29日、クライアントOSの「Windows 8 Consumer Preview」(関連記事:Windows 8 Consumer Previewに見る企業向け機能)と併せて、「Windows Server 8」のβ版をリリースした。2011年9月にリリースされたTechnical Preview版から、さまざまな新機能が追加されている。

DirectX 11のリモートデスクトップのサポート

 RemoteFXは、Windows Server 2008 R2 SP1で導入された機能(関連記事:Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能)。リッチメディア、オーディオ、ビデオのサポートをサーバに集約し、シンクライアントから利用できるようにする。しかし、従来のRemoteFXはローカルネットワークなど、かなり高速なネットワーク上でなければ実質的に運用できなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...