さらに進化した「Windows Server 8 β」注目の新機能タグベースのアクセス制御は福音か

「Windows 8 Consumer Preview」と同時に発表された「Windows Server 8 β」は、大幅な機能強化が図られている。データをタグで分類する「ダイナミックアクセス制御」は要注目だ。

2012年03月21日 09時00分 公開
[Jonathan Hassell,TechTarget]

 米Microsoftは2月29日、クライアントOSの「Windows 8 Consumer Preview」(関連記事:Windows 8 Consumer Previewに見る企業向け機能)と併せて、「Windows Server 8」のβ版をリリースした。2011年9月にリリースされたTechnical Preview版から、さまざまな新機能が追加されている。

DirectX 11のリモートデスクトップのサポート

 RemoteFXは、Windows Server 2008 R2 SP1で導入された機能(関連記事:Windows 7 SP1とWindows Server 2008 R2 SP1の目玉となるデスクトップ仮想化最新機能)。リッチメディア、オーディオ、ビデオのサポートをサーバに集約し、シンクライアントから利用できるようにする。しかし、従来のRemoteFXはローカルネットワークなど、かなり高速なネットワーク上でなければ実質的に運用できなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...