2010年11月02日 08時00分 公開
特集/連載

物理マシンをブートしてみるWindows 7の仮想HDD(後編)――ネイティブブートVHDの使い方

仮想HDDのネイティブブート機能における利点、物理マシンをVHDからネイティブブートする方法について説明する。

[Gary Olsen,TechTarget]

 仮想HDD(以下、VHD)からのネイティブブート機能により、管理者はブータブルイメージをVHDに作成し、そのVHDをコンピュータのHDDに保存できる。さらに、BCDEditを使って、目的のVHDからの起動ができるようにブートメニューを構成できる。

 VHDイメージからのネイティブブートは、仮想マシンを使う場合と比べて開発やテストを行う上で次のような点で好都合だ。

  • 仮想マシンでは使えないハイエンドグラフィックスカードのようなコンポーネントを含むすべての物理ハードウェアにアクセスできる
  • あるテクノロジーブログによると、VHDの読み書き性能は、驚くほど物理ディスクに近いという
  • 複数のVHDイメージを1つのパーティションにロードできる
  • ネイティブブートVHDは、スナップショットのように機能する差分ディスクをサポートする。このため、構成変更を元に戻せる
  • アプリケーションや役割をインストールしなくても、VHDの読み込み、変更、利用ができる。これらを行う機能はOSに搭載されている
  • ネイティブにサポートされているVHDは、特殊な目的のファイルとそれらを実行するためのアプリケーションよりも管理しやすい

 以下では、物理マシンをVHDからネイティブブートする方法を説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Google トレンドで探る新型コロナウイルスに関連する検索動向
新型コロナウイルスの脅威が高まる中、国内の関心はどのように移り変わっているのか。「G...

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...