2010年04月27日 08時00分 公開
ニュース

Windows 7の互換性問題を解消するWindows XP Mode古い業務アプリを最新OS環境で

Windows XP Modeにより、Window 7はWindows XPをエミュレートし、XPにしか互換性がないアプリケーションを動かせる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

長年にわたる互換性問題

 多くのITマネジャーは、古いデスクトップOSと関連ハードウェアをサポートせざるを得ない。新しいOSは予算の制約からなかなか導入できないことがあるが、古いOSは大抵、業務アプリケーションが古いOSとハードウェアの上でしか動作しないという理由で、長期にわたって利用される。

 Windows 7の新機能「Windows XP Mode」(以下、XPM)は、Windows XP(以下、XP)をエミュレートすることで、Windows 7における古いアプリケーションの互換性の問題を解消する。

 Windowsにはかねて互換性の問題がつきまとっており、そのためにWindowsのアップグレードは企業にとって悩みの種となっている。XPに対応するアプリケーションの多くは、後継OSのWindows Vista(以下、Vista)と互換性がない。最新のWindows 7にも互換性の問題は残っている。

 Vistaと互換性がないXPアプリケーションを使っている企業が、XPからVistaと対応ハードウェアに移行したい場合、ITマネジャーの選択肢は以下のようにわずかしかない。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。