2012年05月31日 09時00分 公開
特集/連載

新世代CPUが支援するHyper-V 3.0のスケーラビリティ最新ハードウェアの真価を引き出すHyper-V 3.0

最新のサーバ製品は、コア数やメモリ、ストレージにおいて性能が大幅に向上している。Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティは、こうしたハードウェア性能を引き出すことができる。

[Eric Beehler,TechTarget]

 半導体の性能が18〜24カ月で倍増するとした場合、ムーアの法則は現在でも有効だ。実際、この性能向上は、仮想化の登場により、これまで活用されてこなかったクロックサイクルを利用することで実現されてきている。

 最新のサーバ製品は、コア数もメモリ容量もストレージサイズも激増している。つまり、最新のハードウェアは、性能が向上しコストは下がってきている。ムーアの法則で表される半導体の性能向上速度はすさまじく、Hyper-Vの現在のバージョンでは新機能が追加されない限り追い付けなくなってしまった。しかし、Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティがあれば、この眠っているハードウェア性能を現実に生かすことができる。

飛躍的なパフォーマンス向上が可能な新世代のCPU

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...