新世代CPUが支援するHyper-V 3.0のスケーラビリティ最新ハードウェアの真価を引き出すHyper-V 3.0

最新のサーバ製品は、コア数やメモリ、ストレージにおいて性能が大幅に向上している。Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティは、こうしたハードウェア性能を引き出すことができる。

2012年05月31日 09時00分 公開
[Eric Beehler,TechTarget]

 半導体の性能が18〜24カ月で倍増するとした場合、ムーアの法則は現在でも有効だ。実際、この性能向上は、仮想化の登場により、これまで活用されてこなかったクロックサイクルを利用することで実現されてきている。

 最新のサーバ製品は、コア数もメモリ容量もストレージサイズも激増している。つまり、最新のハードウェアは、性能が向上しコストは下がってきている。ムーアの法則で表される半導体の性能向上速度はすさまじく、Hyper-Vの現在のバージョンでは新機能が追加されない限り追い付けなくなってしまった。しかし、Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティがあれば、この眠っているハードウェア性能を現実に生かすことができる。

飛躍的なパフォーマンス向上が可能な新世代のCPU

ITmedia マーケティング新着記事

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...