新世代CPUが支援するHyper-V 3.0のスケーラビリティ最新ハードウェアの真価を引き出すHyper-V 3.0

最新のサーバ製品は、コア数やメモリ、ストレージにおいて性能が大幅に向上している。Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティは、こうしたハードウェア性能を引き出すことができる。

2012年05月31日 09時00分 公開
[Eric Beehler,TechTarget]

 半導体の性能が18〜24カ月で倍増するとした場合、ムーアの法則は現在でも有効だ。実際、この性能向上は、仮想化の登場により、これまで活用されてこなかったクロックサイクルを利用することで実現されてきている。

 最新のサーバ製品は、コア数もメモリ容量もストレージサイズも激増している。つまり、最新のハードウェアは、性能が向上しコストは下がってきている。ムーアの法則で表される半導体の性能向上速度はすさまじく、Hyper-Vの現在のバージョンでは新機能が追加されない限り追い付けなくなってしまった。しかし、Windows Server 8に付属するHyper-V 3.0のスケーラビリティがあれば、この眠っているハードウェア性能を現実に生かすことができる。

飛躍的なパフォーマンス向上が可能な新世代のCPU

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...