2012年07月26日 08時00分 公開
特集/連載

安価に仮想ホストのリソースを拡張する10の方法予算縮小に立ち向かう

サーバ仮想化のコストパフォーマンスを上げるためには、仮想ホストのリソースを効率よく活用することが肝心だ。本稿では、手軽に実践できる10の方法を紹介する。

[Rob McShinsky,TechTarget]

 ITに対する要求は増える一方で、コストは抑制される。そんな予算の厳しい現在では、仮想ホストのリソースを効率よく活用することが、唯一の解になるのかもしれない。幸い、既存のインフラストラクチャに仮想マシン(VM)をさらに詰め込む方法は多数ある。

 そこで本稿では、経済的に仮想ホストリソースを拡張する10個の方法を紹介する。

1.VMを整理する

 インベントリを実施し、VMのスプロール(乱立)を解消する。「このチームには、これほど多くのテスト用VMが本当に必要か?」「環境内に管理者不明のVMはないか?」「他製品にインポートできないデータがあるレガシーVMはないか?」を確認しよう。

 一度展開したVMを撤廃するのは、特にチャージバックモデルを導入していない場合、簡単ではない。展開されているVMは、それぞれに仮想ホストの各種リソースを使うため、VMごとに関連コストが発生する。少なくとも、チャージバックまたはショーバックモデルを導入している場合は、各VMのコストを把握でき、会社のコスト削減目標に協力的なスタッフが誰かを上層部に報告できる。どちらのモデルも導入していない場合は、上層部から大々的に指導をしてもらう必要があるかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...