2020年01月15日 08時00分 公開
特集/連載

独自アプリも実装可能なTensorFlow Lite搭載スマートウォッチ「Bangle.js」ハックしたくなる要素山盛り

JavaScriptで独自アプリを開発・実装でき、TensorFlow Liteを利用したAIアプリも作れる。ハードウェアは分解も容易。そんな開発者を刺激する要素満載のスマートウォッチとは?

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]

Adrian Bridgwater

NodeConf EU 2019. Kilkenny, Ireland.

 アイルランドの州都キルケニーは中世の建造物や古城、ビール醸造の豊かな歴史、特徴のある黒い大理石、そしてホワイトハウスを設計したジェームズ・ホーバン氏の出身地として知られている。

 そして最近、「Node.js」コミュニティーのカンファレンス「NodeConf EU」の開催地としてもその名が知られることになった。このカンファレンスにはNode.jsに魅了された専門家が集った。Node.jsはJavaScriptをブラウザ外で実行できるようにするオープンソースでクロスプラットフォームのJavaScriptランタイム環境だ。

 2019年は、NearForm ResearchとEspruinoが共同で用意したカンファレンスバッジ「Bangle.js」が出席者を驚かせた。そのバッジは機械学習を駆動するスマートウォッチで、昔ながらの地味なストラップと名札よりも素晴らしかったのは間違いない。

 Bangle.jsはGoogleの「TensorFlow Lite」を通じて機械学習を駆動する初のオープンソースJavaScriptスマートウォッチだといわれている。このスマートウォッチは、安価な家電にJavaScriptと機械学習を採用する流れを主流へと押し上げる一歩になると期待されている。

 開発者は、Bangle.js機器用に独自のAIアプリケーションを作成できることになる。

 Bangle.jsには機能やアプリがあらかじめ搭載されている。GPS、コンパス、心拍計、地図、ゲーム、BluetoothによるPCアプリケーションのジェスチャーコントロールなどがその例だ。

 NearForm Researchの最高製品責任者(CPO)コナー・オニール氏は次のように語る。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。