アジャイル型開発の「カンバン」には“あれ”がない? スクラムとの主な違いスクラムとカンバンの違い【第2回】

「カンバン」はアジャイル型開発を実現する開発手法だ。根幹にある考え方や進め方は「スクラム」とどう違うのか。スクラムにあってカンバンにないものとは。

2023年10月21日 10時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 「アジャイル」型開発は、小規模な変更を短期間のうちに繰り返すシステム開発手法だ。主な開発手法である「スクラム」と「カンバン」は何が違うのか。カンバンの主な特徴を紹介する。

「スクラム」にあって「カンバン」にないもの

 カンバンはスクラムとは異なり、スプリントを実施しない。具体的には、スプリントで実行する以下の行程が存在しない。

  • スプリントプランニング
    • スプリント開始前に、スプリントで取り組むべき作業を設定する段階。
  • スプリントバックログ
    • スプリント中に実装すべき機能のリスト。
  • スプリントゴール
    • スプリント中に達成すべき目標。
  • スプリントレビュー
    • スプリント中の成果をステークホルダーにデモンストレーションし、フィードバックをもらうこと。
  • スプリントレトロスペクティブ
    • 次回のスプリントを改善するための振り返り。

 これらの項目は全てスクラムでは必須だが、カンバンにはそれに相当する成果物やイベントがない。「カンバンは作業を可視化し、WIP(進行中の作業)など作業フローで扱うアイテムを積極的に管理し、継続的に作業フローを改善する。スクラムとは少し異なるものだ」。スクラムに関する教材を提供するWebサイト「Scrum.org」のCEOデーブ・ウエスト氏はそう話す。

 カンバンは以下の項目を重視する。

  • 開発体制においてどのように一連の作業を進めればよいのか
  • WIPをどのように最小化すればよいのか
  • 開発する機能の価値をどう最大化すればよいのか
  • ソフトウェアの継続的デリバリーをどう可視化すればよいのか

 次回は、カンバンの基礎を解説する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...