TypeScriptがいくら便利でも「JavaScript」がなくならないのはなぜ?JavaScriptとTypeScriptの違い【第6回】

Webアプリケーション開発の手段として広く浸透している「JavaScript」。その代替や、より優れた選択肢として「TypeScript」を捉えることは、必ずしも正しくない。両者の“真の関係性”とは。

2023年09月24日 08時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「TypeScript」は、スクリプト(簡易プログラム)言語「JavaScript」のプログラムを開発しやすくするために生まれた。それならばTypeScriptだけを使えばよいのかと言うと、実はそうとは限らない。両者はどうあるべきなのか。

「TypeScriptはJavaScriptを駆逐しない」のはなぜ?

 「TypeScriptは、JavaScriptのライバルだ」という認識は間違っている。そもそもMicrosoftは、TypeScriptを「JavaScriptの代替言語」として設計したわけではない。ソースコードの記述や管理、保守を容易にすることで、JavaScriptプログラムの開発を促進することを目的に、同社はTypeScriptを生み出した。

 JavaScriptでWebアプリケーションを開発するためのライブラリ(プログラム部品群)やフレームワーク(特定の設計思想に基づくプログラム部品やドキュメント群)は、人気を集め続けている。フロントエンド(エンドユーザーの目に見える部分)開発向けの「React」、バックエンド(エンドユーザーの目に見えない部分)開発向けの「Node.js」などだ。

 TypeScriptでこうしたJavaScript向けのライブラリやフレームワークを使用するには、いったん「コンパイル」によってJavaScriptソースコードを生成しなければならない場合がある。TypeScriptにおけるコンパイルは、TypeScriptソースコードをJavaScriptソースコードに変換する仕組みのことだ。そのため開発者は、結果としてJavaScriptとTypeScriptの両方を扱うことになる。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...