JavaScriptとTypeScriptの違いは名前だけじゃなかった? 根本的な違いはこれだJavaScriptとTypeScriptの違い【第1回】

Webアプリケーション開発で活躍する「JavaScript」と「TypeScript」は、よく似た名称を持つものの、さまざまな違いがある。その中でも特に重要な違いとは何か。実例を用いて解説する。

2023年08月19日 10時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 「JavaScript」と「TypeScript」は、どちらもWebアプリケーションのフロントエンド(エンドユーザーの目に見える部分)とバックエンド(エンドユーザーの目に見えない部分)の開発を支えるコンピュータ言語だ。両者は名称だけではなく機能的にも似ている点があるものの、明確な違いもある。JavaScriptとTypeScriptの共通点と相違点とは。

JavaScriptとTypeScriptの“根本的な違い”とは?

 スクリプト(簡易プログラム)言語のJavaScriptと、Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語TypeScriptには、重要な違いがある。それは変数に対して「型」(数値や文字列といったデータの種類)を指定する仕組みである「型システム」の有無だ。

 JavaScriptには型システムがないため、変数の型を自由に変えることができる。型システムのあるTypeScriptでは、「コンパイル」(TypeScriptソースコードからJavaScriptソースコードへの変換)時に「strict」というオプションを設定することで、変数の型が適切かどうかを厳密にチェックすることが可能だ。このため特に複雑なWebアプリケーションの開発では、TypeScriptの方がソースコードを管理、保守しやすい。

JavaScriptとTypeScriptを実例で比較する

 型システムの有無は、ソースコードの保守性や一貫性に大きな影響を及ぼす。型システムのないJavaScriptと、型システムのあるTypeScriptのソースコードを見比べると、その影響を把握しやすい。

 JavaScriptで、数値と文字列を扱う変数を宣言する方法は次の通りだ。3行目は文字列をJavaScriptではエラーにならない。

let foo = 1 // 変数「foo」を宣言し、数値「1」を代入
let bar = "text" // 変数「bar」を宣言し、文字列「text」を代入
bar = 123 // 文字列を代入したbarに数値「123」を代入

 TypeScriptで、上記と同様の内容を記述した例を以下に示す。3行目はTypeScriptではエラーになる。

let foo: number = 1 // 数値を扱う型(number)の変数「foo」を宣言して、数値「1」を代入
let bar: string = "text" // 文字列を扱う型(string)の変数「bar」を宣言して、文字列「text」を代入
bar = 123 // 文字列を扱う型の変数barに数値を代入(エラーが発生)

 型システムのないJavaScriptは、変数に対して宣言時に代入したデータと、宣言後に代入したデータの型が違うことを許可する。型システムのあるTypeScriptでは、変数に対して型を指定すると、その変数には指定した型とは異なるデータを代入できない。

 Webアプリケーションの開発に、型システムは大きな影響を与え得る。型システムのないJavaScriptでは、変数がある時点で格納しているデータが、どの型なのかを厳密にチェックしにくい。そのためJavaScriptでのWebアプリケーション開発では、拡張や更新、トラブルシューティングの際にエラーが発生しやすくなる。

 型システムは、変数の型と、それが扱うデータの型が一致しているかどうかを確かめる「型チェック」を可能にする。そのため型システムのあるTypeScriptでは、統合開発環境(IDE)にソースコードの検証やリファクタリング(動作を変えずに内部構造を書き換えること)機能を搭載できるようになる。

 JavaScriptなど型システムのないプログラミング言語では、IDEでの型チェックの実装は難しい。そのためJavaScript用IDEと比べると、TypeScript用IDEはソースコードの生成やトラブルシューティング、リファクタリングを支援する機能を、より多く搭載する傾向にある。


 次回は、JavaScriptの歴史を振り返る。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...