「JavaScript」と「TypeScript」の違いとは? 比較表で整理しようJavaScriptとTypeScriptの違い【第4回】

「JavaScript」と「TypeScript」は似た名前を持つだけではなく、深い関わりを持つプログラミング言語だ。両者の違いは何なのか。比較表で整理する。

2023年09月12日 07時00分 公開
[Cameron McKenzieTechTarget]

 Webアプリケーション開発の主要言語であるスクリプト(簡易プログラム)言語の「JavaScript」と、Microsoftが開発を主導するオープンソースのプログラミング言語「TypeScript」。両者は似た名前を持つものの、似て非なるものだ。あらためて両者の違いを確認しよう。

「JavaScriptとTypeScriptの違い」を比較表で確認

 JavaScriptとTypeScriptの主な違いは、以下の表の通りだ。

表 JavaScriptとTypeScriptの特徴
項目 JavaScript TypeScript
公開年 1995年 2012年
開発元 Netscape Communications Microsoft
型システム(注1) なし あり
コミュニティー TypeScriptより大規模 JavaScriptより小規模
コンパイル(注2) 必要なし 必要あり
ファイル拡張子 JS、JSX TS、TSX
IDE(統合開発環境)によるソースコードの検証やリファクタリング(注3) 困難 可能
習得 比較的容易 相応の時間が必要
ソースコードの可読性 ソースコードの規模が大きくなると低下 型システムとオブジェクト指向(注4)により向上
※注1:変数に対して「型」(数値や文字列といったデータの種類)を指定する仕組み。
※注2:TypeScriptでは、TypeScriptソースコードからJavaScriptソースコードへの変換。
※注3:動作を変えずに内部構造を書き換えること。
※注4:データと処理内容をまとめた「オブジェクト」を中核要素とするプログラミングの概念。

 TypeScript用IDEは、JavaScript用IDEよりも多くの機能を備える傾向にある。型システムにより、TypeScriptのソースコードは、実行前のコンパイル時に型のエラーを発見できる。そのためソースコードの規模が拡大しても比較的デバッグしやすい。


 次回は、JavaScriptと比べた場合のTypeScriptのメリットを整理する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...