「スクラム」と「カンバン」の“いいとこ取り”アジャイル型開発は可能か?スクラムとカンバンの違い【第4回】

「スクラム」と「カンバン」はさまざまな点で異なるアジャイル型開発手法だ。ただし両者は二者択一の関係ではなく、「お互いに補完し合うもの」だという意見がある。それはなぜなのか。選ぶ際のポイントは。

2023年11月04日 10時00分 公開
[Darcy DeCluteTechTarget]

 「アジャイル」型開発は、小規模な変更を短期間のうちに繰り返すシステム開発手法だ。実際の開発においては「スクラム」や「カンバン」といった開発手法に沿って進めることになる。スクラムとカンバンはそれぞれ異なる点を持つが、利用シーンによって使い分けるよりも、併用に意義があるという意見がある。どういうことなのか。

スクラムとカンバンは併用できる?

 WIP(進行中の作業)、完了したタスク、やるべきタスクを把握するために、カンバンは可視化ツール「カンバンボード」を活用する。これに対してスクラムは、バックログ(実装すべき機能のリスト)と開発プロセスの透明性を高める可視化ツール「ビジュアルボード」を使用する。

 スクラムチームは開発サイクルの期間、Work Item Age(作業項目が作成されてから現在までの時間)といったカンバンの指標を使用して、プロジェクトの進行状況を測定している。「カンバンのやり方がスクラム型開発を向上させる」と考える開発チームは少なくない。

 どのように作業を段階に分けるか、どのように進捗(しんちょく)を監視するか、どのようにメトリクス(指標)を生成するかといったことについて、スクラムでは明確な指示がない。カンバンにはこうした指示が存在する。スクラムとカンバンを組み合わせれば、両者の長所を享受可能だ。

 「スクラムとカンバンは補完的な存在だ。競合する開発手法であると考える人がいることは残念だ。私は、スクラムとカンバンが完全に独立して機能すると考える」。スクラムに関する教材を提供するWebサイト「Scrum.org」のCEOデーブ・ウエスト氏はそう語る。

結局スクラムとカンバンは何が違うのか

 スクラムはスプリントに基づく開発手法であり、カンバンは開発プロセスのフローを最適化するための戦略を備えた開発手法だ。両者は排他的ではなく、併用できる。カンバンはフローを重視する。そうした考え方をスクラムで採用すると、チーム内の透明性の向上や経験主義の奨励につながり、アジャイル開発のプロセスを大きく改善できる。

 スクラムとカンバンは非常に相性が良いので、ぜひ組み合わせてみよう。自身にとって最適な方法論とプロセスを選択できることが、スクラムの全てだ。そうした開発チームがカンバンを選択肢に含めることは、理にかなっている。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...