「ネットワークエンジニア」と「ソフトウェアエンジニア」とはどんな仕事?ネットワークとソフトウェアのどちらを学ぶか【前編】

ITエンジニアを目指す時に、ネットワークエンジニアになるかソフトウェアエンジニアになるかを選ぶ必要がある。両者の違いを解説する。

2023年11月08日 05時00分 公開
[Michaela GossTechTarget]

 ソフトウェアがITのあらゆる分野に統合されるにつれ、さまざまなITの専門知識と責任の区別が曖昧になってきている。しかし、ネットワークとソフトウェアの世界が融合しても、ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアの役割はいまだに異なっている。ITエンジニアのキャリアを目指す人に向けて、ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアの違いを比較する。

「ネットワークエンジニア」と「ソフトウェアエンジニア」はどんな仕事?

 ネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアは開発、設計、実装、運用、管理など、さまざまな工程に携わる。両者の違いを比べる前に、まずは両者がどのような職種なのかを説明する。

 ネットワークエンジニアの仕事は、企業のネットワークについての設計、デプロイ(実装)、そしてデプロイ後の運用と保守だ。ネットワークチームはネットワークとネットワーク機器のパケット数やポートの状態などの項目を管理および監視し、問題があればトラブルシューティングする。ネットワークエンジニアには、セキュリティ、自動化、ユニファイドコミュニケーション(UC)、クラウドコンピューティングなど他分野の知見やスキルが求められる。

 ソフトウェアエンジニアは、企業向けのソフトウェアの設計、テスト、デプロイに携わる。ソフトウェアエンジニアリングの目的は、ソフトウェア開発の効率を高めることだ。効率を高める方法には、プロジェクト全体の監督も含まれる。ソフトウェアエンジニアは、ネットワークやクラウドコンピューティングに対する理解も必要だ。


 中編はネットワークエンジニアとソフトウェアエンジニアの専門分野と求められるスキルについて説明する。

TechTarget発 エンジニア虎の巻

米国TechTargetの豊富な記事の中から、開発のノウハウや技術知識など、ITエンジニアの問題解決に役立つ情報を厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...