2020年11月28日 08時30分 公開
特集/連載

Java学習者が「Javaエンジニア」の道を選ばない“納得の事情”営業職からジャーナリストまでキャリアはさまざま

「Java」を学んだ人でも、必ず開発職になる必要はない。有識者の経験談を交えながら、Java学習者が選び得るさまざまな進路の可能性を紹介する。

[Cameron McKenzie,TechTarget]

関連キーワード

Java | アプリケーション開発


 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」分野のキャリアを歩むことには、さまざまな魅力がある。エンジニアには引き続き需要があり、長期的な雇用の見通しは明るい。安定した大企業に職がある。中でもJavaアプリケーション開発のキャリアパスには、長期的に安定した将来が約束されていると言える。

 Javaエンジニアの年収は全般的に低くはない。Javaを取り巻く技術は移り変わりが激しく、アプリケーションを継続的に保守・修正する業務が発生するため、業務は途絶えない。こうした魅力の陰に隠れがちだが、Javaアプリケーション開発のスキルを体得することにはさらなる利点がある。それは「プログラミング以外の世界にも可能性が広がること」だ。

 私がIT分野で最初に担当した業務は、開発ではなく教育だった。私は講師としてJavaプログラミング分野に関するキャリアを始め、独学で身に付けたJavaプログラミングの知識をIT専門学校で教えていた。受け持っていた分野はソフトウェア開発だ。教え子は優れたコーディングスキルを身につけて卒業した。ところがエンジニアの職に就いた卒業生は半数以下だった。

開発職以外から始まるキャリア

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

ライフネット生命が13年間で培ったオンライン専業ならではの「顔が見える接客」とは?
既存のビジネスがデジタルを起点としたものに生まれ変わる上では、カスタマージャーニー...

news147.jpg

「Salesforce Customer 360」を強化するMuleSoftの役割とは?
MuleSoftが日本市場での事業拡大ため、組織体制の強化、Salesforceとのシナジー最大化、...

news034.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10
オンラインショッピングの顧客体験と売り上げを向上させる「パーソナライゼーションエン...