2020年11月29日 11時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「FAT16」「FAT32」の基礎 いまだ“現役”の2つの違いWindowsファイルシステムの違いを比較【前編】

新旧問わず「Windows」で使われてきたファイルシステムを知ることは意味がある。企業では、古いファイルシステムがいまだに使われ続けていることがあるからだ。まずは「FAT16」「FAT32」を簡単におさらいしよう。

[Brien Posey,TechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、「FAT16」「FAT32」「NTFS」「ReFS」といったさまざまなファイルシステムを利用可能にしている。これらのファイルシステムにはそれぞれ固有の機能と用途があり、中には数十年の歴史を持つファイルシステムもある。古いファイルシステムも、特定の状況で依然として価値を発揮している。

 前編は「Windows」シリーズで利用可能なファイルシステムのうち、FAT16とFAT32を解説する。

Windowsファイルシステム1.FAT16

 FAT16の「FAT」は「File Allocation Table」の略語であり、「16」は16bitファイルシステムを意味する。FATはもともとフロッピーディスク用に開発され、その後に実用化されたHDDでも使われた。

ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...