2020年11月29日 11時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「FAT16」「FAT32」の基礎 いまだ“現役”の2つの違いWindowsファイルシステムの違いを比較【前編】

新旧問わず「Windows」で使われてきたファイルシステムを知ることは意味がある。企業では、古いファイルシステムがいまだに使われ続けていることがあるからだ。まずは「FAT16」「FAT32」を簡単におさらいしよう。

[Brien Posey,TechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、「FAT16」「FAT32」「NTFS」「ReFS」といったさまざまなファイルシステムを利用可能にしている。これらのファイルシステムにはそれぞれ固有の機能と用途があり、中には数十年の歴史を持つファイルシステムもある。古いファイルシステムも、特定の状況で依然として価値を発揮している。

 前編は「Windows」シリーズで利用可能なファイルシステムのうち、FAT16とFAT32を解説する。

Windowsファイルシステム1.FAT16

 FAT16の「FAT」は「File Allocation Table」の略語であり、「16」は16bitファイルシステムを意味する。FATはもともとフロッピーディスク用に開発され、その後に実用化されたHDDでも使われた。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...