2020年11月29日 11時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「FAT16」「FAT32」の基礎 いまだ“現役”の2つの違いWindowsファイルシステムの違いを比較【前編】

新旧問わず「Windows」で使われてきたファイルシステムを知ることは意味がある。企業では、古いファイルシステムがいまだに使われ続けていることがあるからだ。まずは「FAT16」「FAT32」を簡単におさらいしよう。

[Brien Posey,TechTarget]

 MicrosoftのクライアントOS「Windows 10」は、「FAT16」「FAT32」「NTFS」「ReFS」といったさまざまなファイルシステムを利用可能にしている。これらのファイルシステムにはそれぞれ固有の機能と用途があり、中には数十年の歴史を持つファイルシステムもある。古いファイルシステムも、特定の状況で依然として価値を発揮している。

 前編は「Windows」シリーズで利用可能なファイルシステムのうち、FAT16とFAT32を解説する。

Windowsファイルシステム1.FAT16

 FAT16の「FAT」は「File Allocation Table」の略語であり、「16」は16bitファイルシステムを意味する。FATはもともとフロッピーディスク用に開発され、その後に実用化されたHDDでも使われた。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には、「プロダクト主導型」という組織としての共通点がある。それ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...