2021年02月13日 08時30分 公開
特集/連載

「Jakarta EE 9」の“パッケージ名だけ変更”が意外と厄介な理由「Jakarta EE 10」を待つのも選択肢か

Oracleの手元にあった「Java EE」は、Eclipse Foundationの下で「Jakarta EE」に名前を変えた。さらに「Jakarta EE 9」の登場でパッケージ名が変わった。単に名前が変わっただけだが、その影響は以外と大きい。

[Carolyn HeinzeTechTarget]

 プログラミング言語および開発・実行環境「Java」の企業向け仕様群として、Oracleが管理していたのが「Java Enterprise Edition」(Java EE)だ。同社が非営利団体Eclipse FoundationにJava EEを移管した後、Java EEの名称は「Jakarta EE」に変わった。2020年12月、Eclipse Foundationは移管後初のフルバージョン「Jakarta EE 9」を公開した。

 Java EEの元来の開発元はSun Microsystemsであり、開発を引き継いだのがOracleだ。Oracleは2017年、さまざまなオープンソースプロジェクトを管理するEclipse FoundationにJava EEのソースコードを寄贈した。Java EEからJakarta EEへの名称変更では、仕様の内容や定義する機能自体は変わっていない。

Jakarta EE 9のパッケージ名変更が引き起こす“あの影響”

ITmedia マーケティング新着記事

news180.jpg

電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。

news041.jpg

2024年の広告業界大予測(無料eBook)
Forrester Researchは2024年を「大手メディアが活気を取り戻す瞬間」としています。マー...

news196.jpg

アニメ世界の「ワクドナルド」が公式に McDonald'sが日本人アーティストのAcky Bright氏と始めたこと
McDonald'sがアニメやマンガでよく描かれる「WcDonald's(ワクドナルド)」をオマージュ...