ブロードコムによる買収でヴイエムウェア製品のサブスク化が一気に進む?Broadcomによる買収がVMwareに及ぼす影響【第4回】

Broadcomの買収によって、VMware製品のサブスクリプションモデルへの転換が進む可能性がある。ただし従来の買い切り型ライセンスを完全になくすことは難しい事情もある。

2022年08月05日 08時15分 公開
[Ed ScannellTechTarget]

 大手ソフトウェアベンダー各社が買い切り型から定期課金型のサブスクリプションモデルへの転換を進める中で、仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)ではこうした転換が遅れているとの見方がある。同社のCEO、ラグー・ラグラム氏は、2021年初めに米TechTargetの取材に答えた際、サブスクリプションモデルの製品やサービスの提供を進めると同時に、既に提供している買い切り型ライセンスの提供も維持すると述べていた。

買収でVMware製品のサブスク化が進む? 進まない?

 ラグラム氏はインタビューの中でこう語った。「サブスクリプションモデルでソフトウェアのコスト管理ができるようになることで、喜ぶユーザー企業もある。とはいえCAPEX(設備投資)モデルを好むユーザー企業もまだ多い。1つの購入方法だけを顧客に押し付けるべきではない」

 VMwareを買収する半導体ベンダーBroadcom(ブロードコム)の最高経営責任者(CEO)を務めるホック・タン氏は、サブスクリプションモデルの製品やサービスの提供に、より積極的な姿勢を示している。最近の決算発表では、VMwareが「永続ライセンスからサブスクリプションへの迅速な転換」の意向を示し、投資家に約束した。タン氏はこうした転換に数年かかる可能性を認めている。

 必要に応じてソフトウェアを購入したいVMwareユーザー企業からの反発も予想できる。サブスクリプションモデルの製品やサービスは普及しつつあるが、強制されるのを嫌がるユーザー企業もある。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...

news132.jpg

「Apple炎上」から何を学ぶか?(無料eBook)
Appleが新しい「iPad Pro」の広告用に公開した「Crush!」が世界中で大炎上したのは記憶に...

news105.jpg

Web担当者を悩ませる「フォーム営業」をブロック 「ヘルプドッグフォーム」に新機能
ノーコードのフォーム作成管理システム「ヘルプドッグフォーム」が「フォーム営業ブロッ...