2012年05月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティ対策とユーザー教育が鍵米医療機関が進めるiPadなどのモバイル端末管理の効率化

iPhoneやiPadを筆頭に医療機関でモバイル端末の利用が拡大している。米医療機関の幹部たちはモバイル端末をサポートするに当たり、セキュリティポリシーの策定とユーザー教育の重要性を強調している。

[John Moore,TechTarget]

 医療機関向けのモバイル端末サポートでは、複数のベンダーが競合している。

 確かに米Appleは幾つかの病院で有利なスタートを切っているが、米GoogleのAndroidスマートフォンとタブレット、そしてカナダのResearch in Motion(RIM)のBlackBerryも決して負けてはいない(関連記事:iPadを筆頭に多様化する医療システムのタブレット対応)。また、たとえ医療機関がモバイル端末を公式に提供していなくても、医師やその他の医療スタッフがそれらを仕事場に持ち込むことは十分考えられる。韓国Samsung ElectronicsのGALAXY Noteなどのハイブリッドな“ファブレット”を含め、この市場の多様なモバイルオプションは、今後マルチプラットフォーム環境をますます加速させるだろう。

 「コンシューマエレクトロニクス市場では現在、爆発的な勢いで技術革新が起きている」と指摘するのは、医療産業のモバイルテクノロジーを専門とする米Spyglass Consulting Groupのマネージングディレクター、グレッグ・マルカリー氏だ。「病院関係者や医師たちは最新の端末を持つことが多く、次世代モバイル端末のサポートを求める声は高まっている」

 では、医療機関は異機種端末やそれらがアクセスする情報のセキュリティをどのように確保し、管理しているのだろうか? 医療ITエグゼクティブやコンサルタントは、モバイル端末管理(MDM)、データ保護、ユーザー教育のコンビネーションを示唆する。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...