2012年05月09日 09時00分 UPDATE
特集/連載

医療機関のiPadセキュリティポリシー設定(後編)医療機関のiPad活用を後押しするiOS端末管理ツール

医療機関がiPadのメリットを享受しつつ、それに伴うリスクを効果的かつ確実に管理するためには、iOS端末の管理ツールが役に立つ。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 前回の「医療機関のiPhone/iPad管理を効率化する5つの『プロビジョニング』」に続き、医療機関でiPadを利用する場合、iOSに対応するMDM(モバイル端末管理)システムを導入するメリットを紹介する。

モバイル端末管理を活用する

 構成プロファイルには、4通りのインストール方法がある。

  • iTunesの構成ユーティリティを使ってUSB経由でiPadにプッシュ送信する
  • メールでiPadユーザーに送信する
  • WebサイトからiPadにダウンロードする
  • MDMシステムを介してインストールする

 MDMシステムを使う場合、iPadユーザーは所属する組織のMDMエンロールメントポータルにアクセスする必要がある。利用登録の間にユーザーは認証され、端末はiPadセキュリティポリシーを満たしているかがチェックされる。MDMの利用登録を完了できるのは、承認されたiPadだけだ。利用登録の際、iPadには端末証明書が発行され、MDMによる管理と監視を許可するかどうかの確認が求められる(下図参照)。確認が済めば、MDMは以降、構成プロファイルのインストールや入れ替え、削除を行うことができる。

photo MDMによる管理/監視の許可に関する確認画面

 こうしてiPadを中央で一元管理するためには、医療機関はiOSに対応した独自のMDMプラットフォームをインストールするか、マネージド型あるいはクラウド型のMDMサービスを購入する必要がある。iPadを管理できるMDM製品は多数のベンダーから提供されている。MDM製品にはそれぞれ特徴はあるが、登録されたiPadとのセキュアな通信にAPNs(Apple Push Notificationサービス)とiOSのネイティブなMDM APIを使用する点はどれも同じだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。