2012年04月03日 09時00分 公開
特集/連載

病院でのiPad利用で求められる9つのセキュリティ対策仮想デスクトップ、ネイティブアプリの両方で実証

医療機関がiPadを利用する際に懸念される「セキュリティ」問題。実際にiPadを導入した病院が実施している9つの対策を紹介しよう。

[Nari Kannan,TechTarget]

 医療ITの専門家が病院での米Appleのタブレット「iPad」利用について抱く懸念といえば、まずセキュリティが挙げられるだろう。この場合、「端末自体のセキュリティ」と、「その端末で参照する(そして場合によっては保存する)保護対象の医療情報のセキュリティ」の両方が問題になる。病院がiPad用のネイティブアプリを選ぶにしても、仮想化アプリを選ぶにしても、幾つか考慮すべきセキュリティ上のベストプラクティスがある。

 米ボストンにあるベス・イスラエル・ディーコネス医療センターは1960年代からコンピュータ技術を使っている。iPadを導入する前は、医師や看護師がデスクトップPCとノートPCを使ってWebブラウザベースの電子カルテシステム「WebOMR」(Online Medical Record)やコンピュータ化された医師の直接指示入力システム「CPOE」(Computerized Physician Order Entry)など、さまざまなアプリケーションにアクセスしていた。こうしたシステムをiPad用に拡張するに当たり、同病院はiPadへの仮想デスクトップ拡張機能を使ってこれらアプリケーションにWebアクセスを割り当てた。ユーザーがユーザー名とパスワードを入力してログインすると、iPadが仮想デスクトップになる。

 一方、オタワ病院は別の方法を採用した。仮想環境を導入して医師が私物のiPadから電子カルテにアクセスできるようにするのではなく、医師のために数千台のiPadを購入するとともに、ソフトウェア開発者を採用してネイティブアプリを開発させ、その過程で病院の電子カルテシステムとiPadとの間のセキュアなポータルを開設した。この方法ではデータがiPadにダウンロードされたとしても、端末の電源を切ったり、病院の敷地から離れると消去される。

 以上2つの病院での異なるiPad導入事例を前提とすると、一般的に以下の9項目のセキュリティ条件の組み合わせが採用されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...