2015年07月31日 15時00分 公開
特集/連載

モバイルヘルスケアアプリを使うべきでない理由健康情報が流出してしまったら……

モバイルヘルスケアアプリは、その便利さと使いやすさから流行の兆しを見せている。だが、その一方で健康などに関する機密情報をセキュリティリスクにさらす可能性もある。

[Scott Wallask,TechTarget]
ヘルスケアアプリの一例 (TechTargetジャパン記事「イベントで見た、ヘルスケアアプリへの高まる期待と開発の心得」から)《クリックで拡大》

 モバイルヘルスケアアプリに関する筆者の印象を説明するために、まずは銀行のバンキングサービスについて考えてみよう。

 筆者はスマートフォンでバンキングシステムを利用したことがない。昼休みに銀行へ行って振り込みをしたり、自宅でノートPCを立ち上げて別の口座に預金を移動したり、そうした手続きはとても煩雑で時間を要するものだ。「モバイルアプリを使えばよかったのに」と誰もが考えるだろう。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...