Appleの医療研究用アプリ開発ツール「ResearchKit」で医療現場はどう変わる医療IT最新トピック

米Appleがついに一般公開した医療研究用アプリ開発ツール「ResearchKit」は、医療の未来をどう変えるのか。医療IT関連の最新トピックを紹介します。

2015年04月22日 08時00分 公開
[翁長 潤TechTargetジャパン]
《クリックで拡大》

 「IT化が他分野より10年遅れている」ともいわれる医療業界だが、関連技術や製品、サービスは日々進化している。医療IT関連の動向を紹介する「医療IT最新トピック」。今回は、米Appleが一般公開した医療研究用アプリ開発ツール「ResearchKit」、ソネットの在宅ケア連携支援システムの新版、GEヘルスケア・ジャパンの2015年成長戦略、クリニックの来院患者数向上を支援するパッケージサービス、英語・中国でも医薬品の説明書を印刷できるソフトウェアなどを取り上げる。

ソネット、在宅ケア連携支援システムの新バージョンを提供開始

ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...