2014年10月14日 08時00分 公開
特集/連載

次はモバイル医療だ、AppleとIBMの“野望”は大化けするか?エンタープライズモバイル市場の支配を目指す

より多くの人たちの健康情報を医療提供者に届けることを目的としたAppleとEpicのエンタープライズモバイル分野での取り組みに、IBMが新たに加わった。3社の連携は、モバイル医療分野にどのような影響を与えるのだろうか。

[Shaun Sutner,TechTarget]

 米Appleは開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference 2014」(WWDC 2014)において、最新モバイルOS「iOS 8」をはじめ、ヘルスケアプラットフォーム「HealthKit」などを発表して大きな話題を集めた。電子健康記録(EHR)の分野では、市場大手の米Epic Systemsと提携を結んだことに加え、新たなパートナーとして米IBMが加わったことにより、さらに勢いを増したようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...