2014年10月14日 08時00分 公開
特集/連載

次はモバイル医療だ、AppleとIBMの“野望”は大化けするか?エンタープライズモバイル市場の支配を目指す

より多くの人たちの健康情報を医療提供者に届けることを目的としたAppleとEpicのエンタープライズモバイル分野での取り組みに、IBMが新たに加わった。3社の連携は、モバイル医療分野にどのような影響を与えるのだろうか。

[Shaun Sutner,TechTarget]

 米Appleは開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference 2014」(WWDC 2014)において、最新モバイルOS「iOS 8」をはじめ、ヘルスケアプラットフォーム「HealthKit」などを発表して大きな話題を集めた。電子健康記録(EHR)の分野では、市場大手の米Epic Systemsと提携を結んだことに加え、新たなパートナーとして米IBMが加わったことにより、さらに勢いを増したようだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...