2014年09月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Siri活用ビジネスアプリの誕生?実は大ニュースかもしれないAppleとIBMの「iOS提携」

米Appleは「iOS」に関して米IBMと業務提携を結んだ。この業務提携については、懸念を持ちつつも楽観的に捉える意見と、懐疑的な見方をする意見がある。真相は?

[Ed Scannell, Jake O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

Apple | IBM(アイ・ビー・エム) | iOS | iPhone


ik_tt_ios01.jpg

 米IBMと米Appleの新たな業務提携は双方にメリットがあるとし、ほとんどのアナリストがこの業務提携を好意的に捉えている。一方、提供されるといわれているアプリとサービスの幾つかを実際に見るまでは、どの程度のメリットがあるのか分からないと懐疑的な見方をしているIT担当者もいる。

 IBMとAppleは、広大なエンタープライズモバイル分野における業務提携の一環として、業界に特化した100種類にも及ぶエンタープライズアプリを2014年秋から提供する予定だ。同時に、AppleのモバイルOS「iOS」用に最適化されたIBMのクラウドサービスも提供される。主なターゲット市場は「セキュリティ」「モバイルデバイス管理」および「データ分析」だ。またIBMは、自社の直販営業チームやパートナーネットワークを通じて「iPhone」や「iPad」を再販することも計画している。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


失敗すれば2度目はない

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...