2019年06月28日 05時00分 公開
特集/連載

Androidの「ゼロタッチ登録」、多少の制限があっても使いたくなる魅力とはモバイルデバイスのキッティングが楽に

ゼロタッチ登録を利用すれば、Androidデバイスのプロビジョニング作業を簡略化できる。多少の制約はあるものの、組織によってはこの方法で大きな恩恵を受けられるだろう。

[Jack Gold,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google


画像

 新しい従業員用のモバイルデバイスをセットアップする作業に苦労している組織は少なくない。膨大な数の拠点で働く従業員を抱える組織には、特にそれが当てはまる。

 従来のデバイス登録手段は、IT担当者がそれぞれのモバイルデバイスを設定してからそのデバイスをユーザーに支給しなければならなかった。その手順には数日あるいはそれ以上の日数を要する場合がある。そうなると組織にとっては、新しいモバイルデバイスをユーザーに配備する効率が悪くなる。

 Googleが用意する「ゼロタッチ登録」という手法は、モバイル管理者がこの問題に対処するのに役立つ。ゼロタッチ登録は、組織支給の新しいデバイスを利用可能な状態にするプロビジョニング方法のスリム化を図り、迅速にユーザーの手元に届けられる合理的なアプローチだ。ただしゼロタッチ登録を利用する前に認識しておくべき「限界」がある。

ゼロタッチ登録の仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...