Androidの「ゼロタッチ登録」、多少の制限があっても使いたくなる魅力とはモバイルデバイスのキッティングが楽に

ゼロタッチ登録を利用すれば、Androidデバイスのプロビジョニング作業を簡略化できる。多少の制約はあるものの、組織によってはこの方法で大きな恩恵を受けられるだろう。

2019年06月28日 05時00分 公開
[Jack GoldTechTarget]

関連キーワード

Android | Google


画像

 新しい従業員用のモバイルデバイスをセットアップする作業に苦労している組織は少なくない。膨大な数の拠点で働く従業員を抱える組織には、特にそれが当てはまる。

 従来のデバイス登録手段は、IT担当者がそれぞれのモバイルデバイスを設定してからそのデバイスをユーザーに支給しなければならなかった。その手順には数日あるいはそれ以上の日数を要する場合がある。そうなると組織にとっては、新しいモバイルデバイスをユーザーに配備する効率が悪くなる。

 Googleが用意する「ゼロタッチ登録」という手法は、モバイル管理者がこの問題に対処するのに役立つ。ゼロタッチ登録は、組織支給の新しいデバイスを利用可能な状態にするプロビジョニング方法のスリム化を図り、迅速にユーザーの手元に届けられる合理的なアプローチだ。ただしゼロタッチ登録を利用する前に認識しておくべき「限界」がある。

ゼロタッチ登録の仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...