2019年03月31日 05時00分 公開
特集/連載

Android vs. iOS ここ数年で評価が急上昇したモバイルOSはどちら?いまビジネスで使うならどちらがいい?

モバイルデバイスの管理者にとって、OSやデバイスの保有を含めたモバイル導入の選択肢は多岐にわたる。本稿ではそうした状況について解説する。

[John Powers,TechTarget]
画像 モバイル管理のトレンドは?

 組織にとってAppleの「iOS」とGoogleの「Android」という2つのOSは、モバイル導入の有効な選択肢となっている。

 確実なセキュリティとUI(ユーザーインタフェース)を重視する組織は、そうした条件を満たすiOSに目を向けるだろう。一方、それよりも柔軟性が高いOSと手ごろな価格のデバイスを求める場合、必要とされるのはAndroidだ。モバイルの導入を管理するIT担当者は、最新バージョンの「iOS 12.2」「Android Q」でβテストをして、自分たちの組織にとってどちらが最善かを判断する必要がある。

 本稿では調査会社IDCのカンファレンス「IDC Directions」から、企業におけるAndroidとiOSの強みと弱み、使用事例、私物デバイスを業務に利用する「BYOD」か、従業員にデバイスを選ばせる「CYOD」かの選択、「サービスとしてのデバイス」のトレンドについて、IDCの上級調査アナリスト、ブライアン・バセット氏が解説した内容を紹介する。

現代の企業でモバイルデバイスに関する最大のトレンドは?

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...

news021.jpg

中国Z世代の心をつかむ「bilibili」、越境マーケティングにどう活用する?
「bilibili」のKOL(インフルエンサー)を活用したマーケティング手法と事例について、ア...