2018年09月21日 05時00分 公開
特集/連載

シンクライアントとしてのモバイルデバイス機が熟した「スマートフォンで仮想デスクトップ」を本気で検討せよ

モバイルデバイスはシンクライアント市場に浸透していないが、これから人気が出そうだ。アプリケーション仮想化やデスクトップ仮想化ベンダーが、スマートフォンやタブレットへの対応を進めているからだ。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
モバイルVDIを取り巻く状況は変わりつつあるようだ《クリックで拡大》

 モバイルデバイスの普及が進み、より進化したモデルが続々と登場する中、シンクライアントとしてのモバイルデバイスの魅力が高まっている。

 モバイルVDI(仮想デスクトップインフラ)はあまり一般的ではないが、その1つの理由は、従来のスマートフォンやタブレットは画面が小さく、ユーザーエクスペリエンスが貧弱だったからだ。仮想アプリケーションや仮想デスクトップはモバイルデバイス向けには設計されていなかった。そのため、全体を見るには、何度もスクロールしなければならなかった。

 また、通信環境もネックになった。リモートユーザーがスマートフォンやタブレットでVDIを利用するには、ネットワーク接続が必要だが、これは常に可能とは限らない。無線信号が弱い場所にいるユーザーが、パフォーマンスの問題に直面することもある。さらに、モバイルデバイスはノートPCやデスクトップPCよりも、紛失や故障が発生しやすい。

 だが、モバイルVDIを取り巻く状況は変わり、モバイルデバイスはシンクライアントのより現実的な選択肢となっている。技術の進歩と市場自体の変化がその背景にある。

状況の変化

 タブレットやスマートフォンは近年、大型化している。例えば、「iPhone 4s」は3.5インチ画面だったが、「iPhone X」は5.8インチだ。モバイルデバイスベンダーは画面解像度も高めている。iPhone 4sでは960×640だったのに対し、iPhone Xは2436×1125となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...

news047.jpg

ハロウィーンの参加率が2年連続の低下――LINE調査
LINEリサーチによる「ハロウィーンに関する定点調査」の2019年版の結果が出ました。