「iPad」か「Android」タブレットか モバイルVDIに最適なデバイスを選ぶWindowsアプリも利用可能に(1/2 ページ)

モバイルデバイスをめぐる状況は常に進化している。それにより、VDIへのアクセスやアプリケーション仮想化を効果的に使えるようになった。どのように進化しているのか紹介する。

2016年04月20日 12時00分 公開
[Alastair CookeTechTarget]
Parallelsの公式Webサイト《クリックで拡大》

 今や最新のモバイルデバイスは、わずか5年前のクライアントPCと比べて、VDI(仮想デスクトップ基盤)へのアクセスやアプリケーション仮想化をはるかに効果的にサポートする。

 既に仮想化を導入している企業にとって、仮想アプリケーションと仮想デスクトップの配信は、恐らく社員がモバイルデバイスから社内リソースにアクセスできるための最も安全な方法だろう。ただしモバイルデバイス市場はここ数年で急速に多様化しており、もはやAppleのタブレット「iPad」とスマートフォン「iPhone」だけが唯一の選択肢では無くなっている。企業のIT部門は、社員の私物デバイスやその他幾つかの要因が、モバイルデバイスからのVDI利用にどのような影響を及ぼすかを理解しておく必要がある。

モバイルデバイスの選択肢が豊富に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...