2016年04月20日 12時00分 公開
特集/連載

「iPad」か「Android」タブレットか モバイルVDIに最適なデバイスを選ぶWindowsアプリも利用可能に(1/2 ページ)

モバイルデバイスをめぐる状況は常に進化している。それにより、VDIへのアクセスやアプリケーション仮想化を効果的に使えるようになった。どのように進化しているのか紹介する。

[Alastair Cooke,TechTarget]
Parallelsの公式Webサイト《クリックで拡大》

 今や最新のモバイルデバイスは、わずか5年前のクライアントPCと比べて、VDI(仮想デスクトップ基盤)へのアクセスやアプリケーション仮想化をはるかに効果的にサポートする。

 既に仮想化を導入している企業にとって、仮想アプリケーションと仮想デスクトップの配信は、恐らく社員がモバイルデバイスから社内リソースにアクセスできるための最も安全な方法だろう。ただしモバイルデバイス市場はここ数年で急速に多様化しており、もはやAppleのタブレット「iPad」とスマートフォン「iPhone」だけが唯一の選択肢では無くなっている。企業のIT部門は、社員の私物デバイスやその他幾つかの要因が、モバイルデバイスからのVDI利用にどのような影響を及ぼすかを理解しておく必要がある。

モバイルデバイスの選択肢が豊富に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...