2016年04月20日 12時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsアプリも利用可能に「iPad」か「Android」タブレットか モバイルVDIに最適なデバイスを選ぶ (1/2)

モバイルデバイスをめぐる状況は常に進化している。それにより、VDIへのアクセスやアプリケーション仮想化を効果的に使えるようになった。どのように進化しているのか紹介する。

[Alastair Cooke,TechTarget]
tn_tt_vdi.jpg Parallelsの公式Webサイト《クリックで拡大》

 今や最新のモバイルデバイスは、わずか5年前のクライアントPCと比べて、VDI(仮想デスクトップ基盤)へのアクセスやアプリケーション仮想化をはるかに効果的にサポートする。

 既に仮想化を導入している企業にとって、仮想アプリケーションと仮想デスクトップの配信は、恐らく社員がモバイルデバイスから社内リソースにアクセスできるための最も安全な方法だろう。ただしモバイルデバイス市場はここ数年で急速に多様化しており、もはやAppleのタブレット「iPad」とスマートフォン「iPhone」だけが唯一の選択肢では無くなっている。企業のIT部門は、社員の私物デバイスやその他幾つかの要因が、モバイルデバイスからのVDI利用にどのような影響を及ぼすかを理解しておく必要がある。

モバイルデバイスの選択肢が豊富に

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...