「Microsoft Office」も配信、AzureのWindowsアプリ配信を使うコツiOS、Android、Mac OS Xでも利用可

「Microsoft Azure RemoteApp」はクラウドからアプリケーションを配信するためのサービスだ。ただしIT管理者はライセンスとアプリケーション互換性の問題に留意し、アプリケーションの展開方法による違いを学ぶ必要がある。

2016年03月25日 12時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]
画像 オンプレミス版の「RemoteApp」をクラウドで提供する「Microsoft Azure RemoteApp」《クリックで拡大》

 IT部門はアプリケーションを個別に配信するという要望の高まりに応える必要がある。そこで役に立つのが、Microsoftのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」とリモートアプリケーションサービス「Microsoft RemoteApp」の組み合わせだ。

 アプリケーションをエンドポイントに直接インストールする代わりの方法としてMicrosoftは当初、「Windows Server 2008」で「ターミナル サービス RemoteApp(TS RemoteApp)」を提供した。RemoteAppはWindowsアプリケーションをサーバ上で実行し、「リモートデスクトップサービス(RDS)」(旧ターミナルサービス)を介してエンドユーザーにアプリケーションを提供する機能だ。クラウドサービス「Microsoft Azure RemoteApp」はWindows ServerのRemoteAppと同等の機能を持つが、アプリケーションはオンプレミスではなくAzureクラウドで動作する。

Azure RemoteAppのライセンス

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...