2014年07月23日 12時00分 公開
特集/連載

「Windows RT」の救済にも活用?無視できない“幻のWindows DaaS”が持つ本当の価値

Microsoftが2014年5月に発表した「Microsoft Azure RemoteApp」は、多くの人が想像していたWindowsデスクトップOSベースのDaaSというよりも、任意のアプリをラッピングしてAzure上で実行する「Microsoft Azure上のApp-V」といわれている。

[Bridget Botelho、Ed Scannell、Diana Hwang,TechTarget]

 米Microsoftが2014年5月上旬に「TechEd North America 2014」でプレビュー版の公開を発表した「Microsoft Azure RemoteApp」(開発コード名:Project Mohoro)は、IT担当者が期待したWindows DaaS(Desktop as a Service)とは少し違っていた。

 Project Mohoroは、MicrosoftによってホストされるWindows OSベースのDaaSになると考えていた人が多かった。しかし、Azure RemoteAppはあくまで別の方式のDaaSであり、「Microsoft Azure上のApp-V」と評する向きもある。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

マーケターの5割が自分の仕事の自動化に不安――ベーシック調査
マーケターのキャリアに関する調査結果です。

news150.jpg

SNSマーケティング予算は前年比で増加傾向、注力するのは「Instagram」と「Twitter」――ガイアックス調査
ガイアックスの運営するSNSマーケティングメディア「ソーシャルメディアラボ」が150社を...

news129.jpg

新型コロナウイルス感染拡大で米国のEC取引が急増――Adobe Digital Economy Index
Adobeは、「Adobe Analytics」と、オンラインでの商品およびサービスの売り上げを測定す...