「Android 9 Pie」でも充実 Androidの仕事で使える最新機能「ゼロタッチ登録」「Android Enterprise Recommended」も紹介

Googleはここ1年で、「Android」デバイスを企業で管理しやすくする多彩な機能を充実させてきた。「Android 9 Pie」の正式リリースを機に、IT担当者が知っておきたい機能を整理した。

2018年08月25日 05時00分 公開
[Kristen GlossTechTarget]
画像

 モバイルOS「Android」搭載のデバイスを管理する企業は、さまざまな情報を追跡しなければならない。各種API(アプリケーションプログラミングインタフェース)やデプロイ(配備)シナリオ、アプリ管理、セキュリティアップデートの適用など、考慮すべきことが多数ある。

 Androidの最新版である「Android 9 Pie」(開発版の名称は「Android P」)のリリースにより、企業がAndroidデバイスを管理するためのオプションが増えた。

Android 9 Pieの企業向け新機能

 GoogleはAndroid 9 Pieに、企業や従業員がAndroidデバイスを使いやすくする機能を追加した。例えば「スライス」という機能は、検索画面からアプリの機能を素早く呼び出すことができる。業務関連アプリやデータの管理を支援する「仕事用プロファイル」関連のユーザーインタフェース(UI)も改良。アプリケーション一覧で、業務用と個人用のアプリを明確に分けて表示できるようにした。Android 9 Pieでは複数ユーザーによるデバイスの共有が可能で、管理者はアカウントごとにデバイスの利用範囲を制限できる。

 Android 9 Pieでは、本人確認と認証に関連する新しいセキュリティ機能も加わった。「Android Protected Confirmation」という機能を利用すると、送金や医療用機器への接続などのトランザクションを、ハードウェアレベルでセキュリティを確保した実行環境「Trusted Execution Environment」(TEE)で実行できる。TEEにより、デバイスがマルウェア感染してもデータを保護できるようにする。

 その他のセキュリティ機能として、バックグラウンドで動作しているアプリについては、デバイスのマイクやカメラ、その他のセンサーの利用を制限できるようにした。

「ゼロタッチ登録」でデバイス導入を容易に

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。