2018年05月27日 05時00分 公開
特集/連載

「Android P」のセキュリティ機能、認証とデータのプライバシー保護を強化リリースは2018年夏ごろを予定

Androidの次期バージョン「Android P」のセキュリティ機能が2018年5月の「Google I/O」で紹介された。データプライバシーや暗号化の強化、スパイアプリの遮断などが向上する。

[Michael HellerTechTarget]

関連キーワード

Google | Android | 個人情報保護


 Googleは「Android」の次期バージョンとなる「Android P」の新しいセキュリティ機能を発表し、現行のAndroidで相次いでいるセキュリティ侵害問題への対策強化を示した。

 この1年、被害の有無は別としても、Androidマルウェアのニュースは途絶えることがなかった。Android端末のマイクやカメラを悪用するスパイウェアも見つかり、FBIや警察による暗号解読の試みも続いている。Android Pでは、信頼性の高い本人確認などの新機能で対策を強化する。

 Googleが2018年5月に開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O」で、同社のAndroid、「Google Play」「Chrome」担当プロダクトセキュリティリードを務めるデイブ・クライダマッカ氏と、Androidセキュリティ機能担当プロダクトマネジャーを務めるシャオウェン・シン氏がAndroid Pのセキュリティ強化について発表した。

 クライダマッカ氏は、Androidのセキュリティ戦略には「Google Playプロテクト」、プラットフォームエンジニアリング、セキュリティ開発ライフサイクル(SDLC)の「3つの柱」があると説明した。SDLCでは、OEMによる迅速なセキュリティパッチ提供を促進し、Android OEM契約にセキュリティパッチに関する項目を加えるという。

 Google Playプロテクトでは、「Google Playストア」からインストールするアプリとそれ以外のソースからインストールするアプリの両方で、潜在的に有害なアプリ(PHA)を減らす取り組みが功を奏しているという。「Google PlayからPHAが入り込む確率は、落雷に打たれる確率に匹敵する」とクライダマッカ氏は述べた。

本人確認と認証

 Android Pのセキュリティでは、本人確認と認証に特に力を入れているようだ。クライダマッカ氏によると、「Android Protected Confirmation」という機能によってモバイル端末の「信頼性の壁を打開」し、医療用機器の管理や高額送金、さらにはモバイル端末からの選挙投票などにも対応できるよう強固な認証を実現するという。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...